企業のコスト削減を実現するサーバー仮想化とは

IT技術の進歩により、ビジネスシーンに於いても大きな発展が遂げられました。今やインターネットの普及でネットワークが構築され、様々な情報の取得と展開が短時間でできるようになりました。その反面、膨大に膨れあがったデータの量やそれらを運営するための多くの機器などを維持していく必要性が生まれました。

例えばカメラで撮った写真はプリントアウトした印画紙などを保存するといったカタチで多くのスペースを必要としましたが、ハードディスクなどに保存ができ必要なスペースも省かれ、いつでもすぐに取り出すことができるようになりました。そのデータ量が余裕あるものですと問題は無いのですが、やがて限界を来たし、問題を抱えるようになってきたのです。

そのような時代背景を踏まえ、サーバー仮想化という技術が誕生しました。このサーバー仮想化を多くの企業に提案・構築を行っているのがVMwareの仮想化クラウド情報サイト「 IT価値創造塾」です。ホームページはこちら → http://vmware-juku.jp/
このページはサーバー仮想化のリーディングガンパニーであるVMwareが提供している仮想化・クラウドの情報サイトとなっています。

サーバー仮想化を導入することで、ハードウェアの維持管理や新たな導入などのコストが大幅に改善される効果があります。また、そのために行わなければならないバックアップ作業なども効率的に行い、中小企業をはじめ、多くの企業に仮想化によるIT環境を構築しています。
サーバー仮想化を検討されている企業担当者の方は、VMwareの製品、サービス、ソリューションの最新情報を提供しているVMwareの仮想化クラウド情報サイト「 IT価値創造塾」へお気軽にアクセスしてください。

Posted in 未分類 | Leave a comment

バイスなら愛知産業株式会社

バイス世界には、日本よりも優れている機械がたくさんあります。世界の最先端の製品を提供する愛知産業株式会社の製品は、どれも素晴らしいものばかりです。創業から70年、豊富な実績であなたの役に立ってくれること間違いなしです。

マシニングセンタ(用途に合わせ、フライス削り・穴あけ・ねじ立てなどの作業を1台で行うことが可能な数値制御工作機械)なら、ハーレム社(ドイツ製)の[5軸マシニングセンタ]がいいでしょう。ハーレム社のマシニングセンタは、試作部品・航空宇宙部品・発電用部品などのための高速・高精度マシニンングセンタの本体に、人造石一体型フレームを採用しています。機械の素材や構造など、細部にまでこだわり、高速・高精度な加工の、同時5軸マシニングセンタを使用すれば、海外の最先端を味わうことができますよ。

他にも、バイス(対象物を2つの口金の間に小作物を挟み、固定する作業工具)のことなら断然愛知産業株式会社ですよ。グレッセル社(スイス製)の[クランピングシステム・バイス]は、アゴの高いグレッセル特殊口金で、バイスの邪魔が大幅に軽減され、5軸加工が実現されています。
愛知産業株式会社の、【海外最先端技術に精通】・【豊富な技術陣と独自性】・【国内での豊富な実績】は、最高のものづくりを応援してくれます。

気になる方は、バイスの愛知産業のサイトまで!

Posted in ビジネス関係 | Leave a comment

完全WebERPのGRANDIT

ERP企業全体の販売・在庫・製造・経理・人事・給与などの管理を徹底的にするためにERPの導入は欠かせません。
しかしERPといえば海外企業向けの物が多く、日本の特に中小企業には莫大な資金がかかることや使いにくいという点がデメリットとされてきました。

そこで「GRANDIT」が誕生しました。
GRANDITは日本初の完全Web-ERPで、日本の中小企業でも導入しやすい金額と使いやすいシステムで注目されています。
完全Web-ERPということで、特別なシステムの導入も要りません。
インターネット環境があれば使えるという便利なERPです。

GRANDITでできることは、HPを見ていただけると詳細がわかると思います。
HP→ERPはGRANDITが良いですよ。
簡単にまとめると、企業全体の販売・在庫・製造・経理・人事・給与…
上に書いたようなことが全てまとめて管理ができることが特徴でしょう。

使いやすく便利ということで、日本国内での販売・導入実績も多いです。
HPには実際に販売・導入した企業情報が見られるので参考にしてください。
その企業がどのようなモジュールを導入して、業務がどのように改善できたか…
参考にするといいでしょう。

日本各地でGRANDITのセミナーやイベントも開催されています。
導入前に参加してみるといいでしょう。
問い合わせや資料請求はHPから気軽にできますので、利用してください。

Posted in ビジネス関係 | Leave a comment